2018年06月10日

ブリッジ回路の解き方

皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。

現在、当メルマガでは理論のうちブリッジ回路に付いて解説をしています。
ブリッジ回路は比較的に良く出題されます。

ブリッジ回路の問題を解くコツは平衡条件を利用する事です。
平衡条件を満たしている場合、回路の真ん中には電流が流れません。

平衡条件は「たすきがけにかけ算をした値が等しい」です。
ですから、ブリッジ回路の問題が出題されたら最初に「たすきがけのかけ算」をして、
平衡条件を満たしているかどうかを確かめます。

平衡条件を満たしていたら、真ん中の回路を外して、回路を簡略化します。
簡略化した回路を利用して電流を計算します。

平衡条件を満たしていない場合は、ΔーY変換を利用して回路を書き換えます。
Δ−Y変換により簡略化した回路を使って電流を計算します。

日曜日に配信します。登録を宜しくお願いします。

無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。





posted by 電験3種傾向と対策研究会 at 18:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
有料メルマガ「電験3種に合格しよう」の登録案内です。
メルマガ電験3種過去問の傾向と対策の登録はこちらです。