2017年06月25日

水力ドットコム

みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。

自然エネルギーと言うと、風力発電や太陽光発電などが挙げられます。
しかしながら、現在のところ、一番エネルギー供給が多い自然エネルギーは水力発電です。いまでも、電験3種の試験範囲には水力発電の項目が含まれています。

水力発電の様子を詳しく解説しているWEBが水力ドットコムです。
オーム社から「水力ドットコム」とい本も出版されています。

電験3種の参考書だけでは分かりにくいところも図解されています。
電験の参考書だけではなく、このようなWEBや本を利用すると勉強が進みます。

無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。



posted by 電験3種傾向と対策研究会 at 17:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

水素サプライチェーン実証プロジェクト

みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。

風力発電や太陽光発電などの自然エネルギーは環境に優しい。
しかしながら、エネルギー密度が低いので使いづらいのが欠点です。

そこで、横浜市や岩谷産業などは、風力発電と水素を組み合わせる実験を始めました。
風力発電で発生した電力で水を電気分解して水素を発生させます。

その水素をタンクに貯蔵し、必要に応じて水素をタンク車で配達します。
配達された水素を、燃料電池フォークリフトに充填し使用します。

発電はハマウイングという横浜市風力発電所が担います。
作られた水素は横浜中央卸売り市場などに運ばれ、燃料電池フォークリフトで使用されます。

この水素サプライチェーンが構築されると、風力発電で発生した電力が有効に使われる事になりそうです。

無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。



posted by 電験3種傾向と対策研究会 at 20:04| 新技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

インドで電気自動車が普及する

みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。

世界の中で経済が急成長している国のひとつがインドです。
人口が約13億人と中国と同じぐらいの人口大国です。
世界の人口が72億人ですから、5人に2人はインド人と中国人です。

そのインドでは中国と同じく大気汚染が進んでいます。
約110万人が大気汚染が原因で死亡しています。

そこで、インド政府は対策として2030年までに電気自動車の販売だけにすることを決定しました。2020年までに電気自動車とハイブリッド車を600万台から700万台販売することを計画しています。

人口大国で電気自動車が普及するとなると、電気自動車が一般的な乗り物になりそうです。

無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。



posted by 電験3種傾向と対策研究会 at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
有料メルマガ「電験3種に合格しよう」の登録案内です。
メルマガ電験3種過去問の傾向と対策の登録はこちらです。